スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シダンゴ山へ行きました

2012.09.01.Sat
8月28日(火)晴れ残暑厳しい
丹沢寄(やどりき)にあるシダンゴ山に登りました。
松田町寄自然休養村の駐車場に車を止め、
村道を標識に導かれながら坂道を登ります。
シダンゴ山-6 
        シダンゴ山5 
暫くすると山道らしくなり
そして、急にきつい登りへと
20分位進むとゲートがあります。
シダンゴ1 
この扉はイノシシよけ
しっかり締めて下さいと注意書きがありました。
またまた、登る事30分余り
途中に落雷にあった杉の木
 
       

   CIMG0621-2.jpg
CIMG0622.jpg
そして、登ること30分きつい、きつい、
おぉ-視界がぐるりと開けて頂上
シダンゴ山のいわれがかかれた石碑と祠
赤とんぼが飛び交い秋の気配
少し雲が多く偶に富士山が見えるがここの富士は片富士である。
さて、おむすびとお茶と写真撮影。

宮地山方面を目指し、下るとする
なだらかな下りを楽しむ事50分、
宮地山と休養村の分岐点に
「自転車の人は十分に注意して下さい」との立て札が
こんなとこへ自転車で?マウンテンバイクか!
休養村方面へ、しかし、しかしである
路がないのだ?えっどうするの?
何これ?こんなことってあるのかしら?
CIMG0627-2.jpg
木が倒れ、傾斜面は崩れかけているのだ
辺りには誰もいず、ここを下るしかないらしい。
ずるずると滑りながら、おっかなびっくり
いつものへっぴり腰とここまで使わなかった
ストックを頼りに、ずるずる下ること20分あまり
暫くすると茶畑が開け路発見ふっ~とため息
CIMG0628-2.jpg 
やっとの思いで
イノシシよけの扉を締めて、駐車場へ
次の日環境課へ電話をする
「先日も同じ様なお電話を戴いたのですが、
おまつりで、忙しくて行っていません、明日行ってみます」
ですって。

うかうかガイドブックなど信じてはならない
自分をしっかり持つことと改めて思う。
山はすごい。

スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
トラックバック
シダンゴ山大変でしたね。素敵ところですね。私も行きたいです。  自転車とはなんですか!!こんな素敵なコースにも、自転車が入っていることに憤慨しています。マウンテンバイクだ
シダンゴ山大変でしたね。素敵ところですね。私も行きたいです。  自転車とはなんですか!!こんな素敵なコースにも、自転車が入っていることに憤慨しています。マウンテンバイクだ
もう 何年も前です  伊豆のだるま山を夜通し歩きおまけに 雨まで降り散々な目にあった事を思い出しました。 シダンゴ山での出来事は、皆さんが無事に下山出来たからいいものの...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。